コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 経済学部 専門基礎科目 経済統計学

経済統計学

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ECON00 20202 LJ43
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 2-4回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 火2
教員
  • 矢野 剛(経済学研究科 教授)
授業の概要・目的 「基礎統計学」では扱いきれなかった学部レベルの統計学の各トピックを講義します。従って、「基礎統計学」で示された学部レベル統計学全体のラフなストーリーを理解していることを前提に、細部の補完をおこなう授業であることを、受講にあたっては理解してください。計量経済学の学習を開始するにあたっての十分な基礎構築がこの授業で完成します。
到達目標 自ら統計データを用いて分析をおこなう準備がほぼ整います。また計量経済学の授業を受けるための統計学方面の基礎知識も習得できます。
授業計画と内容 講義は以下のようなトピックスから構成されます。

1.はじめに
2.様々な統計指標(1):寄与度・寄与率および価格指数
3.様々な統計指標(2):不平等の指数
4.のこされた代表的な確率分布
5.同時確率関数と確率変数の平均・分散
6.チェビシェフの不等式と代数の法則
7.分散の区間推定
8.推定における観測値数の決定
9.分散比の検定とそれに基づく平均値の差の検定
10. 適合度のχ2検定と独立性のχ2検定
11.統計的検定を交えた回帰分析
12.分散分析
13.予備回(1)
14.予備回(2)
15.予備回(3)
成績評価の方法・観点 基本的に期末試験で成績評価をしますが、それが単位取得最低点に達しない場合、宿題達成状況或いは出席を救済措置として使う可能性があります。
履修要件 上にも書きましたが、「基礎統計学」を受講済(単位修得済)であることが実質的な履修要件になると思います。
授業外学習(予習・復習)等 上記のように、宿題を救済措置として使う可能性があります。またある程度復習しなければ授業についてくることができなくなる危険性もあります。
教科書
  • 授業用の配付資料を使用します。
参考書等
  • 統計学入門 第2版, 森棟公夫, (新世社), ISBN: ISBN:4-88384-017-4