コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 経済学部 専門基礎科目 ミクロ経済学2

ミクロ経済学2

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ECON00 20102 LJ43
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 2-4回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 水3
教員
  • 若井 克俊(経済学研究科 教授)
授業の概要・目的 ミクロ経済学1で勉強した完全競争市場経済に関する基礎知識を踏まえ、ミクロ経済学2では不完全競争市場や公共財について学ぶ。また、不確実性や情報の非対称性が個人や市場に与える影響についても考察する。さらに、戦略的行動の分析手法についても講義する。
到達目標 不完全競争市場、公共財、不確実性、情報の非対称性などに関する練習問題が解けるようになること。
授業計画と内容 以下のような課題について、1課題あたり2~3週の授業をする予定である。

1. 不確実性下における意思決定と市場均衡
2. ゲーム理論
3. 公共財・外部性
4. 独占
5. 寡占
6. 情報の経済学
成績評価の方法・観点 期末試験の成績による
履修要件 ミクロ経済学1を履修していることを前提に授業を行う。
授業外学習(予習・復習)等 授業前に教科書を予習し、授業後に練習問題を解くこと。
教科書
  • ミクロ経済理論, 荒井一博, (有斐閣),
  • 演習ミクロ経済学, 武隈愼一, (新世社),
参考書等
  • ミクロ経済学, 奥野正寛, (東京大学出版会),