コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 経済学部 専門基礎科目 ミクロ経済学1

ミクロ経済学1

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ECON00 20101 LJ43
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 2-4回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 水3
教員
  • 若井 克俊(経済学研究科 教授)
授業の概要・目的 消費者行動、企業行動、完全競争市場に関する理論体系を学習する。
到達目標 消費者行動、企業行動、完全競争市場に関する理論の練習問題が解けるようになること。
授業計画と内容 以下のようなトピックについて、1トピックあたり2~6週の授業をする予定である。

1.消費者の理論
- 選好と効用関数
- 効用最大化と需要関数、所得変化と需要、価格変化と需要、需要の弾力性
- 支出の最小化と支出関数、シェパードの補題、ロワの恒等式、スルツキー方程式
- 価格変化と消費者厚生

2.企業の理論
- 生産関数、利潤最大化と供給関数
- 費用最小化と費用関数、費用関数と供給関数との関係
- ホテリングの補題、シェパードの補題

3.部分均衡理論
- 短期市場均衡、社会的厚生
- 長期市場均衡

4.一般均衡理論
- 純粋交換経済における競争均衡:パレート効率性と厚生経済学定理
- 生産の効率性:生産可能性フィロンティアと限界変形率
- 生産経済における競争均衡

上記の項目以外に、労働供給や2期間資源配分問題なども時間があれば講義する。
成績評価の方法・観点 定期試験の成績による。
履修要件 多変数の微分と一変数の積分ができること。
授業外学習(予習・復習)等 授業前に教科書を予習し、授業後に練習問題を解くこと。
教科書
  • ミクロ経済理論, 荒井一博, (有斐閣),
  • 演習ミクロ経済学, 武隈愼一, (新世社),
参考書等
  • ミクロ経済学の力, 神取道宏, (日本評論社),
  • ミクロ経済学, 武隈愼一, (新世社),
  • ミクロ経済学, 奥野正寛, (東京大学出版会),