コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 経済学部 法学部提供科目 国際法(対人管轄・紛争)

国際法(対人管轄・紛争)

JA | EN

開講年度・開講期 2020・前期
単位数 4 単位
授業形態 講義
配当学年 3,4回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 月4・水1
教員
  • 淺田 正彦(法学研究科 教授)
授業の概要・目的 本講義では、主として正常な国際関係が損なわれた場合における国際法の種々の役割を扱う。それらは、大別して、国際違法行為に対する国際責任、国際紛争の平和的解決、国際安全保障、武力紛争法からなる。このほか、国際法第一部で扱った国家管轄権の空間的側面に対応する国家管轄権の人的側面として、個人と国家機関の問題をとりあげる。以上の諸分野に関連する国際法規則の内容を把握するとともに、その背景にある考え方およびその具体的な適用状況について検討するのが本講義の目的である。
到達目標 外交関係法、個人・人権、国家責任、紛争解決、国際安全保障、武力紛争法のそれぞれにおける国際法上の規則とその現実における適用にかかる基礎的な知識を習得すること。
授業計画と内容 本講義では、以下の諸項目を考察する予定である(取り上げる順番は前後することがある)。
1. 外交関係法:外交使節、領事、その他の国家機関
2. 国際法における個人:国籍、外国人の地位、難民、犯罪人引渡し、人権の国際的保障
3. 国家責任法:国家責任の歴史、国家責任の成立要件、違法性阻却事由、国際請求、責任の解除
4. 国際紛争の平和的解決:紛争の平和的解決と強制的解決、周旋・仲介、審査・調停、仲裁裁判、司法的解決
5. 国際安全保障:戦争の違法化、自衛権、集団安全保障、平和維持活動、軍備管理・軍縮
6. 武力紛争法:武力紛争法の構造、国際的武力紛争法、非国際的武力紛争法、国際刑事裁判所( ICC)、中立法
7.フィードバック
上記各小項目につき1回程度の授業を充てる予定である。
成績評価の方法・観点 期末試験(110分)により、法学部が定める成績評価の方針に従って到達目標の達成度を評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 講義においては条約集を頻繁に参照するので、教科書のほか、条約集が必携である(コンパクト版の条約集では不十分なことがある)。開講時に大まかな進行について説明するので、予め教科書の該当章を読んで講義に出るのが望ましい。
教科書
  • 淺田正彦編 『国際法(第4版)』(東信堂 2019年) 薬師寺・坂元・淺田編集代表 『ベーシック条約集2020』(東信堂 2020年3月刊行予定)
参考書等
  • (参考書) 薬師寺・坂元・淺田・酒井編集代表 『判例国際法(第3版)』(東信堂 2019年) 小寺・森川・西村編 『国際法判例百選(第2版)』(有斐閣 2011年) 酒井・寺谷・西村・濱本 『国際法』(有斐閣 2011年)