コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 経済学部 法学部提供科目 憲法(総論・憲法訴訟)

憲法(総論・憲法訴訟)

JA | EN

開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 3,4回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 木2
教員
  • 毛利 透(公共政策大学院 教授)
授業の概要・目的 この科目は、主権・憲法制定権力、憲法改正・変遷等の憲法の基礎概念、憲法史、平和主義及び憲法訴訟に関する事項を取り扱う。
 この科目は、新しいカリキュラムでは本来、「憲法(統治機構)」及び「憲法(基本権)」で学習した事項を踏まえて、その基礎となる概念・理論に関する考察をより深めるとともに、実際に憲法問題を訴訟において争う仕組み及び方法について学ぶことで、憲法に関してより高度な知識及び思考力を身につけることを目的とするものである。ただ、本年度は過渡期として、「憲法(統治機構)」と並行しての開講となる。したがって、本年度は、憲法について初めて受講する者を前提とした講義を行う。ただ、理論的な問題や憲法訴訟は統治機構や基本権の実体論を学んだ後で学習したいと考える者は、受講を来年度に回しても差し支えない。
到達目標 (1)憲法の基礎概念、憲法史、平和主義及び憲法訴訟に関する基本的な知識を習得する。
(2)憲法訴訟に関する基本的な知識を用いて、憲法問題を訴訟で争うことができるように構成したり、憲法問題を適切に判断し、憲法上の権利を効果的に救済する方法を考察できるようになる。
(3)憲法の基礎理論的な課題について探究するための基礎を身につける。
授業計画と内容 概ね以下の順序で各項目を取り扱うが、進度状況によって変更することがありうる。

1 憲法総論(1)   近代国家の論理と憲法の概念
2 憲法総論(2)   立憲主義の諸原理
3 憲法総論(3)   憲法の最高法規性とその保障
4 憲法総論(4)   憲法改正の諸問題
5 日本憲法史(1)  明治憲法の特質、運用の経緯
6 日本憲法史(2)  日本国憲法の制定過程、戦後の憲法運用
7 国民主権      主権概念をめぐる論争
8 平和主義(1)   前文の平和主義、9条の成立過程
9 平和主義(2)   9条をめぐる解釈問題
10 平和主義(3)   9条をめぐる憲法裁判、日米安保、集団的自衛権
11 憲法訴訟(1)   付随的違憲審査制の特徴
12 憲法訴訟(2)   憲法訴訟の対象、憲法判断回避
13 憲法訴訟(3)   憲法判断の諸方法(1)
14 憲法訴訟(4)   憲法判断の諸方法(2)、違憲判決の効力 
15 まとめ
成績評価の方法・観点 期末試験(110分)の成績による。到達目標(1)に掲げる知識を習得しているか否か、並びに(2)及び(3)に掲げる能力が身に付いているかどうかを問う論述試験を行い、評価基準に従って評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 自主的に教科書を読み進めること。また、指示する予習・復習を行うこと。
教科書
  • 『憲法Ⅰ 総論・統治 (第2版)』 , 毛利透ほか, (有斐閣), ISBN:978-4-641-17929-5
参考書等
  • 日本国憲法論, 佐藤幸治, (成文堂), ISBN: ISBN:978-4-7923-0511-6
  • 憲法講義Ⅰ〔第3版〕, 大石 眞 , (有斐閣), ISBN: ISBN:978-4-641-13160-6
  • 憲法Ⅰ 総論・統治, 新井誠・曽我部真裕・佐々木くみ・横大道聡, (日本評論社), ISBN: ISBN::978-4-535-80676-4