コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 経済学部 法学部提供科目 西洋法制史

西洋法制史

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ECON00 30918 LJ41
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 4 単位
授業形態 講義
配当学年 3,4回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 月4・水4
教員
  • 佐藤 団(法学研究科 准教授)
授業の概要・目的  明治以降、わが国の法制は、法制度の継受により、また学説の継続的な摂取・消化により、西洋の法文化の影響を受けてきた。そのような背景から、わが国の現行法制度を史的に考察する場合、西洋における法の歴史もその対象となる。
 本講義では、ヨーロッパの各国の法制度の中でも、わが国にとりわけ大きな影響を与えた大陸諸国の法制度の史的変遷を重点的に扱う予定である。近年ではローマ・教会法の影響を共有する「ヨーロッパ法制史」という視座も重要であることから、そうした点をも念頭に置きつつ講義を進める。
 わが国が明治期に継受した西洋近代法の史的概観を通じて、現行の法制度について考察するための基礎的な知見を得、理解を深めることを目的とする。
到達目標  本講義では、現行法に多大な影響を与えた西洋の法の歴史について基本的な流れを理解すること、さらにそうした知識を利用して現行法制度についてより発展的な学習ができるようにすることを目標とする。
授業計画と内容  上述の目的を念頭に置き、以下のテーマを中心に講義を進行する(フィードバックを含めて全30回)。それぞれのテーマにつき、およそ二回で扱う。詳細については初回の授業で説明する。

1) 西洋法制史の対象と方法
2) 古代ローマの法典編纂
3) 封建制度
4) 都市と農村
5) 中世ローマ法
6) 教会と法
7) 大学と法
8) ローマ法の継受
9) 宗教改革と法
10) パンデクテンの現代的慣用
11) 人文主義法学
12) 自然法と自然法的法典編纂
13) 法典論争と歴史法学
14) パンデクテン法学とゲルマン法学
15) ドイツ民法典の成立とその後

≪期末試験≫
16)フィードバック2回
成績評価の方法・観点  期末試験による。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等  予習は必要ではないが、講義の理解度の向上のために、講義の中で折に触れて紹介する文献を読むことが望ましい。
教科書
  • 教科書は使用しない。必要な文献等については随時指示する。