コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 経済学部 演習(4回生) 演習(4回生)

演習(4回生)

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ECON00 30030 SJ43
  • U-ECON00 40040 SJ43
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 演習
配当学年 4回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
教員
  • 西山 慎一(経済学研究科 教授)
授業の概要・目的 動学一般均衡モデルやライフサイクル・モデルを用いてマクロ経済・財政金融政策を数量的に分析するための基礎的な理論・手法を習得する。前期は、代表的(平均的な)家計を仮定した基本モデルを学んだ後、異質な家計(企業)や少子高齢化を織り込んだ応用モデルについて理解する。Matlabその他のソフトウェアを使って政策実験やシミュレーションを試み、マクロ経済理論や財政金融政策についての理解を深める。税制や社会保障の改革、少子高齢化への対応など現実の経済問題に関して、経済理論や経済データを用いて何が言えて何が言えないのかを探求していく。
到達目標 基礎的な動学マクロ経済学を理解し、理論モデルをソフトウェアを使って数量的に解き、経済成長、財政金融政策、ファイナンスなどについての簡単な(10~20ページの)レポートが書けるようになること。新聞や雑誌で紹介された経済政策について、経済理論を踏まえた上で公平かつ客観的に論評できるようになること。
授業計画と内容 1.実物的景気循環モデルや古典派貨幣経済モデルといった基本的な動学一般均衡モデルの学習。
2.異質な家計で構成される動学モデルやサーチ&マッチング・モデルなどの応用モデルの理解。
3.Matlab、Python、Fortranなどのソフトウェア・言語による初歩的なプログラミング手法の習得。
4.マクロ経済統計、ミクロ経済データ(クロスセクション、パネル)、税制・社会保障制度などの理解。
5.財政金融政策、社会保障政策、ファイナンスなどに関する簡単な分析レポートの作成および口頭発表。
成績評価の方法・観点 演習での発表・討論と期末のレポートで評価する。
履修要件 特になし。ミクロ経済学1-2、マクロ経済学1-2、計量経済学、経済数学を履修していることが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等 十分に演習の予習・復習をし、分からないことがあれば、演習中に、またはメールで質問すること。
関連URL
  • https://sites.google.com/site/snishiyama2/teaching-1