コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 経済学部 演習(4回生) 演習(4回生)

演習(4回生)

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ECON00 30030 SJ43
  • U-ECON00 40040 SJ43
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 演習
配当学年 4回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 火4
教員
  • 山田 憲(経済学研究科 教授)
授業の概要・目的 この演習では、学生各々が個別もしくは集団別に、教員の指導の下で主体的に実証研究を行う。研究課題は以下のいずれかに関連するものとする。(1)家計行動(消費支出・時間配分、家族形成を含む)、(2)経済格差(賃金・所得・資産格差、技術進歩・技術革新、景気循環を含む)、(3)政策評価(税制、最低賃金を含む)、(4)地方経済(労働移動、沖縄を含む)、(5)犯罪
到達目標 最終的な目標は、経済学的観点から興味深い発見をすることである。
授業計画と内容 学生は適宜教員と相談しながら、前年度に決めた研究課題に応じて、関連文献を調査し、利用可能なデータを探す。その後は、進捗に応じて分析を始め、得られた結果を報告する。

第1-5回 先行研究の検討
第6-10回 データの収集と研究方法の吟味
第11-15回 分析と結果の報告
成績評価の方法・観点 授業参加、報告、課題提出、研究の進捗によって評価する。
履修要件 労働経済学を首尾よく修了していなければならない。計量経済学を履修済みでなければならない。
授業外学習(予習・復習)等 授業中に指示された課題を行い、次の授業に備える。