コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 経済学部 入門科目 社会経済学入門

社会経済学入門

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ECON00 10103 LJ43
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 1,2回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 水1
教員
  • 坂出 健(公共政策大学院 准教授)
授業の概要・目的 [国際政治経済学(International Political Economy)・国際関係論(International Relations)]国際政治経済学・国際関係論の諸潮流の基礎を学びます。現代の国際社会は、国際政治と国際経済の交錯した複雑な情勢の中で、政策上の諸課題の新たな解決策を求めています。こうした状況の中で注目を浴びているのが「国際政治経済学」と呼ばれる学問分野です。国際政治経済学は、国際政治学・国際経済学の複合的な視座から国際社会の問題に、理論・歴史・政策の三つの側面から探求に取り組むアプローチです。集合行動論・国際公共財理論に基づく国際関係諸理論を習得します。
到達目標 ①国際政治経済学の基本的な概念を学習します。
②国際関係の諸理論に基づいて国際経済・政治・社会を分析できることができるようになります。
授業計画と内容 1 ウェストファリア体制は「神話」か?
2 ホッブスとリアリズム
3 カントとリベラリズム
4 冷戦期におけるリアリズムの復権
5 ネオリアリズム
6 ネオリベラリズム
7 公共財理論
8 集合行動論
9 市場機構・経済成長・民主主義
10 コンストラクティビズム
11 イングリッシュ・スクール
12 ネオ・コンと「歴史の終焉」
13 米中関係の視点①リベラル国際主義
14 米中関係の視点②リアリズム
15 米中関係の視点③中国学派
成績評価の方法・観点 期末試験(70点)レポート(20点)KoALA(京都大学ネット講義)国際政治経済学(10点)
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 KoALA(京都大学ネット講義)国際政経済学受講