コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 経済学部 入門科目 マクロ経済学入門

マクロ経済学入門

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ECON00 10102 LJ43
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 1,2回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 火1
教員
  • 安井 大真(経済学研究科 准教授)
授業の概要・目的 はじめてマクロ経済学を学ぶ学生を対象に、入門レベルのマクロ経済学の講義を行い、マクロ経済学1・2への橋渡しをします。
到達目標 マクロ経済学における基本的な概念および手法を習得することを目標とします。
授業計画と内容 第1週 ガイダンスとイントロダクション
第2週 国民所得の測定
第3週 生計費の測定
第4週 生産と成長
第5週 貯蓄、投資と金融システム
第6週 ファイナンス
第7週 失業
第8週 貨幣システム
第9週 貨幣量の成長とインフレーション
第10週 開放マクロ経済学
第11週 開放経済のマクロ経済理論
第12週 総需要と総供給
第13週 総需要に対する金融・財政政策の影響
第14週 インフレ率と失業率の短期的トレードオフ関係
第15週 フィードバック
成績評価の方法・観点 eラーニングによる学習状況(20%)、期末試験(80%)により評価します。
詳しくは初回の授業で説明します。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 授業前にテキストの該当する章を一読し、授業後にさらに熟読した上で、その章の復習問題・応用問題とeラーニングの問題に取り組むことで、内容の理解が深まります。
教科書
  • マンキュー経済学Ⅱマクロ編 弟4版, N・グレゴリー・マンキュー, (東洋経済新報社), ISBN:9784492315200