コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
現在位置: ホーム ja 公開講義 教育学研究科 2020レクチャーシリーズ第2回「意図した断絶と意図せざる継承について―1945年の台湾と朝鮮における学校文書から」

320 - 教育学研究科 2020レクチャーシリーズ第2回「意図した断絶と意図せざる継承について―1945年の台湾と朝鮮における学校文書から」, 2020

教育学研究科 2020レクチャーシリーズ第2回「意図した断絶と意図せざる継承について―1945年の台湾と朝鮮における学校文書から」

2020レクチャーシリーズ 越境する「日本型教育」の歴史的・多角的理解に向けて

第2回「意図した断絶と意図せざる継承について―1945年の台湾と朝鮮における学校文書から」
樋浦 郷子(大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館 研究部 准教授)

主催:教育学研究科 グローバル教育展開オフィス
2020年8月28日(金)
Zoom開催

概要

8月28日(金)、教育学研究科グローバル教育展開オフィス主催 2020年度レクチャーシリーズ『越境する「日本型教育」の歴史的・多目的理解に向けて』をテーマにZOOM講演会を開催いたしました。
 第二回目となる今回は、人間文化研究機構国立歴史民俗博物館 樋浦 郷子先生により「意図した断絶と意図せざる継承について―1945年の台湾と朝鮮における学校文書から―」Intended Break and Unexpected Continuation: School Documents in/after Japan's Colonial Rule をテーマにご講演いただきました。司会進行はオフィス長 教授 高山敬太先生が務め、日・同英時通訳も入りました。当日は学内外から多くの参加があり、活発な質疑応答が行われました。