コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション
現在位置: ホーム ja 公開講義 第6回 MACSコロキウム「生物の状態変化をどのように記述すべきか:実験室進化と理論解析」

253 - 第6回 MACSコロキウム「生物の状態変化をどのように記述すべきか:実験室進化と理論解析」, 2018

第6回MACSコロキウム

第6回 MACSコロキウム
「生物の状態変化をどのように記述すべきか:実験室進化と理論解析」

2018年11月8日

古澤 力 氏
(理化学研究所生命システム研究センター 多階層生命動態研究チーム チームリーダー / 東京大学理学系研究科物理学専攻 教授)

講演映像→

概要

「生物の状態変化をどのように記述すべきか:実験室進化と理論解析」
古澤 力 氏(理化学研究所生命システム研究センター 多階層生命動態研究チーム チームリーダー / 東京大学理学系研究科物理学専攻 教授)

 生物システムは、適応や進化といった現象に見られるように、環境変化に対して柔軟にその内部状態を変化させることが出来ます。では、生物のような複雑なシステムが、どのようにして安定に内部状態を変化させることが出来るのでしょうか?その現象をどのように記述し理解すべきでしょうか?こうした問いに答えるために、微生物をさまざまな条件下で培養し、そこで繰り広げられる適応進化のダイナミクスを調べています。理論解析と実験、そしてデータ解析を組み合わせることにより、細胞の状態遷移を理解することを目指していますが、今回の講演ではその現状と展望を議論したいと思います。