コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション
現在位置: ホーム ja 公開講義 平成29年度(第10期)ELCAS基盤コース開講式

202 - 平成29年度(第10期)ELCAS基盤コース開講式, 2017

ドキュメントアクション
  • RSSフィード
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
Course Image

平成29年度(第10期)ELCAS基盤コース開講式

山極壽一(京都大学 総長)
Andrew MacIntosh(霊長類研究所准教授)
市川温子(理学研究科准教授)

2017年9月16日

講義映像

要旨

 本学が推進する「科学体系と創造性がクロスする知的卓越人材育成プログラム(略称ELCAS)」の平成29年度基盤コース(第10期)開講式を京都大学国際科学イノベーション棟シンポジウムホールにて開催しました。

 有賀哲也 副学長(理学研究科教授・高大接続科学教育ユニット長)の開式挨拶のあと、山極壽一 総長が「京都大学の創造の精神 フィールドワークの世界」、Andrew MacIntosh 霊長類研究所准教授が「The Complex Primate: Interdisciplinary Science, Biological Organization and the Math behind the Monkey」、市川温子 理学研究科准教授が「世界は、何で、どうやってできている? -素粒子物理学、特にニュートリノ研究最前線-」と題した講演を行いました。