現在位置: ホーム ja 公開講義 公開シンポジウム「ひろげよう、フィールドの世界」

194 - 公開シンポジウム「ひろげよう、フィールドの世界」 , 2017

ドキュメントアクション
  • RSSフィード
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
Course Image

「ひろげよう、フィールドの世界」

山極 壽一(京都大学総長)
吉岡 崇仁(フィールド科学教育研究センター長・教授)
伊勢 武史(フィールド科学教育研究センター准教授・芦生研究林長)
広井 良典(こころの未来研究センター教授)
高林 佑丞(華道家・池坊短期大学非常勤講師)
清水 夏樹(森里海連環学教育ユニット特定准教授)

2017年3月19日
北部総合教育研究棟1階 益川ホール

講演映像→

趣旨

自然に入り、自然を知る。

京都大学伝統の「フィールドの知」を現代に継承するためのシンポジウムです。
自然の研究を「理系」に任せっきりにするのはもったいない。芸術・社会・文化・・・。現代の私たちの暮らしにも、自然は深くかかわっています。さまざまな側面から自然を知ること。自然から学び、みんなにメッセージを伝えるということ。私たちからの提案を紹介します。