現在位置: ホーム ja 公開講義 第14回 iCeMSラーニングラウンジ:会津学鳳高校の皆さん(iCeMSキャラバンスペシャルコラボ企画)

189 - 第14回 iCeMSラーニングラウンジ:会津学鳳高校の皆さん(iCeMSキャラバンスペシャルコラボ企画), 2017

ドキュメントアクション
  • RSSフィード
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
iCeMS Learning Lounge #10

第14回 iCeMSラーニングラウンジ

2017年8月8日(火)
京都大学 iCeMS 本館2階 セミナールーム
会津学鳳高校の学生の皆さん
加藤 知道 さん
(会津学鳳中学校・高等学校長)

iCeMSページ→
Video→

概要

今回のラーニングラウンジは、iCeMSキャラバンとスペシャルコラボ。「iCeMSキャラバン」は、研究者が高校を訪問し、「知識をもとにアイディアを創造し、伝える」という過程を高校生に体験してもらう、アクティブラーニング型プログラムです。今回は逆に、キャラバンを受講した高校生が、iCeMSにやってきました!

会津学鳳高校の学生の皆さん
高校生に道しるべを!科学者の世界を知りたい

 この世界には「科学者」という人たちがいるらしい。でもその人たちって、何をしているの?すごいことをしているの? 楽しいの? 魅力的な世界なら秘密にしてないで、教えて欲しい、きっと私たちの力になるから! 現役高校生の声を是非聞いてください。

コメント
iCeMSラーニングラウンジでの発表を通して、英語やプレゼンテーションのノウハウと、物事を深く考え一貫性をもって主張することの困難さ、そして楽しさを学ぶことができました。また、自分への自信にもつながりました。このような機会を下さったiCeMSの方々と先生方に本当に感謝しています。

加藤 知道(かとう・ともみち)さん
現役校長が語る次世代人材育成

今年の3月に会津学鳳高校で開催されたiCeMS Caravan「学びのカラクリ」は、生徒たちはもちろん、私たち教職員にとっても貴重な経験となりました。「今後の時代を担う人材育成とは何か?」このことを念頭に、校長は、生徒の潜在能力を引き出す術を考えなくてはいけません。このプレゼンを通して、私たちの未来へのアプローチを共有できれば、と思います。

コメント
現役高校生と校長がプレゼンを行うという、ラーニングラウンジの特別企画に参加できて光栄でしたが、プレッシャーと緊張感もこれまで経験したことがないくらい、大きなものでした。 プレゼン内容の吟味やスライド作りを通じて、現在の学校の課題と、校長として取り組むべき改善点が明確になりました。貴重な機会をありがとうございました。