コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション

テキストページ

第6回「京大おもろトーク: アートな京大を目指して」〜矛盾をはらんだ創造
2016年10月17日(月)

パネリスト:高橋 剣氏(東映株式会社 京都撮影所制作部次長)(以降敬称略、高橋)
北野 貴章氏(株式会社テレビ朝日 「しくじり先生」チーフディレクター)(以降敬称略、北野)
山極 壽一氏(京都大学総長)(以降敬称略、山極)
富田 直秀氏(京都大学工学研究科教授)(以降敬称略、富田)
司会:土佐 尚子氏(高等教育研究開発推進センター教授)(以降敬称略、土佐)
司会挨拶:伊勢 武史氏(京都大学フィールド科学教育研究センター准教授)(以降敬称略、伊勢)
伊勢
それではみなさんお待たせいたしました。第六回京大おもろトークを開始したいと思います。本日司会をおおせつかります私は、京都大学フィールド科学教育研究センター、伊勢武史と申します。
伊勢武史氏
伊勢
僕の本職は生物学者なんですけども、人間の持つ芸術性とか創造性とかそういうことに興味を持っておりまして、このおもろトークの運営に携わらせて頂いております。本日のテーマは「矛盾をはらんだ創造」となっています。矛盾をはらんでいるというのは人間の本質の一部というような気持ちがしています。一見合理的ではないような想像に突き動かされて私たちは行動することがあります。その結果予期しないようなものが生まれてしまっている。それは良かったり悪かったりすることがあります。こうやって人間の社会や文明は発展してきたんじゃないかなという風に思ったりもします。
本日のゲストは、映画やテレビの世界からお二方、そして京大工学部からお一方です。まずは皆さんに20分ずつお話をいただきたいと思います。その後休憩も挟みまして、ディスカッションでは京大ならではの切り口で、「おもろい」話をしていただきたいと思います。ただ「おもろい」だけでは無くって、皆さん、参加者の皆さん自身が何かを考えるヒントになれば大変嬉しいです。ディスカッションの際に、聴衆の皆さんからいただきましたご意見とかご質問もぜひ紹介したいと思います。お手元の質問表にご記入いただきまして、それを前半のお三方のお話について質問票をご記入いただきましたら、会場周辺に設置してあります質問箱に入れていただきたいと思います。休憩時間にでもぜひ入れて頂いて、それを回収しまして、後半のディスカッションにお読みしたいという風に思っています。
本日はロビーで京大ゆかりの方々の展示をしております。一組はヨシュア・バイツェルさんと永井千恵さんの即興演奏ですね。この演奏自体、一体何やってるんだろうかと疑問に思われた方もあると思います。この演奏自体が矛盾に満ちている気もしますけども、よくよく聞いていると何か訴えかけてくるものがあると思うんですね。でもう一組は実は私、伊勢武史の展示をしておりまして、生物学者なりに、人間の感覚とか芸術とかどうアプローチしたら良いのかということで、手軽な脳波計の実演と展示をしております。何でこれが芸術とつながるんだろうか、よかったら会場のポスターなどご覧になって頂きたいと思います。途中の休憩時間にご覧いただきたいと思います。
それでは前置きはこのぐらいにいたしまして、まずは京都大学総長の山極壽一先生にはじめのご挨拶をいただきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。
山極
どうも、みなさん、ようこそいらっしゃいました。「京大おもろトーク:アートな京大を目指して」、今日で第六回目を迎えました。もうネタはないだろうと思ってましたが、なんと、「矛盾をはらんだ創造」という題をつけていまして、京都大学は皆さんご存知の通り、創造力を涵養する自由な学風というので、世界に挑戦してきました。
山極壽一総長
山極
創造力、というのを前面に出すんですけども、最近アジアやあるいはアフリカやヨーロッパの大学を巡るとですね、京都大学はイノベーションをどうやって創出してるのですか、と聞かれるわけですよ。そんな簡単にはいかないでしょうと。イノベーションイノベーションとすぐ出てくるものやありませんわ。ものすごく長い時間をかけて、色んな人たちが、あほなことも含めて、色んなことを考えて、それを対話するからこそ、何か新しいアイデアが出てきて。それが、いつの頃か、製品に結びついて。でイノベーションとしてもてはやされる。だから製品を作ろうと思って始めから何かやってたらイノベーションと呼ばれませんよ、ということは私、言わせていただいてるんですけども、じゃあ創造力ってなんやといったら、私は、ある意味「気づき」だと思うんですね。「なんかに気づくこと」。これまでの常識の世界をちょっと打ち破るような気づきがある。で、私も別に、その矛盾にはらんだ人生を送ってきたわけじゃありませんけれども、ゴリラの研究をする中で、えっ?と思ったことは何度もあります。
山極
その一つをご紹介しますと、私は最初にゴリラの研究を始めた頃にですね、6頭のゴリラの群れを観察してたんです。それもね、1頭は雌、と言われてました。若い雌、6歳の雌です。ちょうど、雌らしい体つきになったころの若い雌。これがすごく魅力的だったんですね。で、その周りに5頭の雄が来て、この雌を争って、絶えずフウフウ言っとったわけです。こらーもう、この雌が発情したらえらいことになるなぁと思ってたんですが、ある時から、この雌が発情し始めまして、雄が先を争って、交尾をしようとし始めました。で、そのうちの1頭の雄と、実際に交尾をしてですね、お、これやと、その雌がこのグループの魅力的なコアになったんだなあと私は思ってたんですよ。
それから三ヵ月くらいたったころにですね、ある昼下がり、陽だまりの中に、その雌、これパティと名前の付けた雌なんですけど、その雌が寝転がってたらですね、私もふとそのそばにいて、涼んでいますと、その雌が両股を上げて、開いてですね、私にこう何か見せてくれたんですよ。お?珍しいな、と思って、ふっとのぞき込むと、その真ん中になにやら、変なものがあるわけですわ。なんとそれは雄のあれだったわけですね。え?おまえ、雄やったんかい!これはね、ほんとに大きな気づきの瞬間でございました。このグループが、雌1頭と雄5頭からできてるんやなくて全部、雄やったわけですね。しかも、交尾だと思っていたのは、そうではなく雄どうしの戯れ事だったわけです。そっから、まったく世界が変わりました。色が変わりました。
そのことを詳しく申し上げてく時間はございませんので、私の気づきっていうのを、そんときね、やはり大きな矛盾を感じたわけですよ。なぜ、雄同士の間で、私が見間違えるほど交尾にそっくりな行動が出てきたのか。これはもう一つの矛盾ですね。でその矛盾に突き当たった時に、私にこう、違うシナリオが生まれてきた。これは時間かかったんですけどね。そういうことがなければ多分、科学って面白くないし、あるいは、自然の中で、一生懸命努力しながら、汗と泥にまみれて観察をしてるっていうことも面白くないんですよ。こういうことがあるから面白い。で、その面白さが、何かにつながる。それはアートの世界でもそうでしょう。自然科学の世界だけではない。アートの世界ってもっともっと驚きに、気づきに満ちてるものだと思います。それが、矛盾という今日のテーマにどう引っかかってくるのか、大変楽しみにしています。3人の今日の発表者が何を矛盾として出していただけるのか。是非、お楽しみいただき、何か新しいことを発見していただければと思っております。
どうも、それじゃあ、これで私の挨拶を終わります。