コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション
現在位置: ホーム ja 国際会議 ブレンディッドな次世代高等教育を展望する ―アジアのトップ大学のICT活用教育最前線―

81 - ブレンディッドな次世代高等教育を展望する ―アジアのトップ大学のICT活用教育最前線―, 2018

Course Image

ブレンディッドな次世代高等教育を展望する ―アジアのトップ大学のICT活用教育最前線―

2018年3月2日
京都大学 芝蘭会館(本館)稲盛ホール

講演ビデオ

概要

 MOOC が世界的に普及し始めてから5年ほどが経ち、世界に溢れるMOOCの数は既に1万を超え、その数はさらに増え続けています。その一方で、MOOC・SPOC・オープンコースウェアやその他のオンライン教材・学習環境を利用した反転学習や Blended Learning も国内外で進み、さらに MOOC やオンライン教育を利用した新たな単位・学位・専門資格の取得システム・制度づくりの動きも活発になっています。
 我が国でも、産業分野や労働市場の急激な変化に伴う「社会人の学び直し」や「リカレント教育」の推進が喫緊の重要課題とされていますが、現在の国内の経済状況を鑑みても、就業している人たちが、一時的に職を離れてフルタイムの学生として大学や大学院に戻るということは現実的に容易ではありません。また、若年層の少子化によって多くの大学で定員割れが問題となっている中、社会の活力となる多様な人材を育て続けていくために、ICT を利用した新しい教育方法をどのように戦略的に活用すべきかは、大学関係者は勿論のこと、産学官のステークホルダーにとって喫緊かつ重要な課題と言えます。
 本シンポジウムでは、アジアのトップ大学から先端的取り組みを先導しているリーダーやアドミニストレーターを基調講演者・特別講演者に迎え、国内の産学関係者と共に、多様な学生の多様な学びを、ICT や新たな教育方法・環境を利用し、いかに効果的・効率的に支援できるかを事例紹介等を通じて概観し、ブレンディッドな次世代高等教育の可能性を展望します。