コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション
 

videos

YAMAZAKI Naoki (Université Kansai, chinois)
TAKANASHI Tsuneo (Université d'Hirosaki, anglais)
Conférence 2 "Quel est l'objectif de l'enseignement de l'anglais au Japon ?" TORIKAI Kumiko (Université Rikkyo, anglais)
シンポジウム2:『ヨーロッパ言語共通参照枠』から英語教育の目的を考える
「実存能力と適応能力:言語学習の新たな地平」ピエール・マルチネス(ソウル国立大学)
Table ronde 2:Réfléchir sur les objectifs de l'enseignement de l'anglais du point de vue du CECR
「学習者はドイツ語を学ぶことの意味をどこに求めているのか?」藤原三枝子(甲南大学、ドイツ語)
ERIKAWA Haruo (Université de Wakayama, anglais)
adress du début : Philippe Janvier-Kamiyama (Consul général de France à Kyoto)
「『参照枠』における英語と『参照枠』にとっての英語:言語教育・学習の複合的で多元的な実践を目指して」ジル・フォルロ(ピカルディ大学、英語)
「平和、民主主義、民族連帯のための英語教育を」江利川春雄(和歌山大学、英語)
Gilles FORLOT (Université de Picardie, anglais)
Conférence 1 "Du Cadre à la Plate-forme, Des instruments pour l'éducation plurilingue et interculturelle" Jean-Claude BEACCO (Université de Paris III)
「学習者の主体性を重視したカリキュラムを」高梨庸雄(弘前大学)
「『外国語学習の目安2012--高等学校の中国語・韓国語教育からの提言--』とは何か?」山崎直樹(関西大学、中国語)
Table ronde 1:Les objectifs de l'enseignement des langues : réfléchir du point de vue du CECR
開会挨拶 フィリップ・ジャンヴィエ=カミヤマ(在京都フランス総領事)
シンポジウム1:『ヨーロッパ言語共通参照枠』から英語教育の目的を考える
Barry Jones (University of Cambridge)
講演2「日本の英語教育の目的は何か」鳥飼玖美子(立教大学、英語)
Pierre MARTINEZ (Université nationale de Séoul)
「『ヨーロッパ言語共通参照枠』から『複言語・異文化間教育のためのリソースと参照のプラットフォーム』:複言語・異文化間教育のツール」 ジャン=クロード・ベアコ(パリ第三大学)
FUJIWARA Mieko (Université Konan, allemand)
「『ヨーロッパ言語参照枠』から『多元的アプローチのための参照枠』へ:継承と凌駕」ミシェル・カンドリエ(メーヌ大学)
Michel CANDELIER (Université du Maine)