コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション
現在位置: ホーム ja 理学研究科 (〜2010年)無機構造論1 シラバス

シラバス

[担当者]

吉村一良

対象学生

修士課程大学院生(M1&M2)前期

[授業計画]

無機構造論1
<固体の核磁気共鳴>
§1)序論:<分光学>(spectroscopy)

§2)核の磁性,磁気共鳴

§3)スピン・格子緩和

§4)Mössbauer効果との比較

§5)NMRの現象論(古典的考察)
<磁場中での磁気モーメントの才差運動>
<座標変換>z軸のまわりを角速度ωで回る座標系
<緩和現象まで含めたブロッホの式>

§6)実験法
定常法
パルス法
<スピンエコー法>
1.スピンエコースペクトル
2.緩和時間の測定
3.強磁性体のNMR
a) ドメイン内信号
磁壁信号

§7)超微細相互作用(Hyperfine Interaction)
(7-1) 内部磁場(磁気的相互作用)
磁気双極子相互作用
Fermi Contact相互作用
軌道角運動量モーメント
(7-2) 電気4重極相互作用
(7-3) 磁場と4重極相互作用の共存する場合
(7-4) 電場勾配の計算

§8)常磁性金属におけるNMR
<ナイトシフトの起源>
1. 伝導電子(S electron)
2. Core Polarization
3. 軌道モーメント
<異方性ナイトシフト>
<パウダーパターン>
<スピン・格子緩和>

§9)超伝導理論—BCS理論

§10)高温超伝導とNMR

§11)遍歴vs局在とNMR

[課題]

プリント中の問題(例題)に関して解いてレポートを提出すること.

[試験]

核磁気共鳴(NMR)・核四重極共鳴(NQR)を無機固体の構造・物性研究に適用している論文を読み内容を説明するレポートを提出すること.