コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション
現在位置: ホーム ja 理学研究科 (〜2010年)無機構造論1 授業スケジュール

授業スケジュール

DAY # LECTURES
第1回 固体の核磁気共鳴:§1),§2),§3),§4
第2回 磁気共鳴の現象論(古典論的考察):§5)
第3回 実験法:§6)
第4回 超微細相互作用(内部磁場):§7)(7-1)
第5回 超微細相互作用(電気四重極相互作用):§7)(7-2)
第6回 超微細相互作用(磁場と四重極相互作用が共存する場合):§7)(7-3) (7-4)
第7回 常磁性金属におけるNMR(ナイトシフトの起源):§8)
第8回 常磁性金属におけるNMR(異方性ナイトシフト,パウダーパターン):§8)
第9回 常磁性金属におけるNMR(スピン・格子緩和):§8)
第10回 超伝導理論_BCS理論(1)
第11回 超伝導理論_BCS理論(2)
第12回 高温超伝導とNMR(1)
第13回 高温超伝導とNMR(2)
第14回 遍歴vs局在とNMR(1)
第15回 遍歴vs局在とNMR(2)

 

 

各回の授業体制

第1回から第15回まで吉村一良が一人で担当し,実験例を示しながら理論的な説明を加え論述していく.第1回から第9回まではプリントを配布し,解説・ディスカッションしながら講義を進めている.第10回から第15回は演習を交えながらプロジェクタを用いて講義を進める.受講者は主として大学院理学研究科の修士課程1,2回生で10-20人程度である.