コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
現在位置: ホーム ja 理学研究科 (〜2010年)化学固定電子論 シラバス

シラバス

[担当者]

吉村一良

対象学生

主として理学研究科 修士1回生&2回生

[授業計画]

<<金属電子論>>
1. 電子・電子相互作用
2. 電子・格子相互作用
3. 格子系の運動
<バンド理論(電子と格子の相互作用)>
<Nearly Free Electron Model>
<実際のバンド計算>
<狭いdバンドの簡単な例>

<<フェルミ面の観測>>
<電子比熱>
<Pauli常磁性磁化率>
<磁場内の電子の運動>

<<超伝導状態>>
<超伝導の簡単な考察>
1. 磁束量子
2. 完全反磁性:マイスナー効果
3. 完全導体?

<<固体電子論(超伝導)>>
1.超伝導のGinzburg-Landau理論
<相転移現象論である自由エネルギーのLandau展開に基づく理論>
<磁場下での自由エネルギーのLandau展開>
<ゲージ変換,ゲージ不変性>
<平衡状態>:GL方程式
<コヒーレンス長ξ >
<磁場侵入長λ >
<GLパラメータ>
<第二(上部)臨界磁場>:第二種超伝導体
2. 超伝導のBCS (Bardeen, Cooper, Schrieffer) 理論
<電子対凝縮,Bose-Einstein凝縮>
<Bose粒子系の量子力学>
<電子対>:クーパーペア
<超伝導状態>:BCS状態
<ギャップ方程式>:超伝導ギャップ
<平均場近似>:ボゴリューボフ変換

[課題]

講義ノート中の演習問題を全て解くことを課題とする.

[試験]

超伝導に関する最近の原著論文を読んで解説をレポートすることを試験問題とする.

[評価方法]

課題レポートによる評価.