現在位置: ホーム ja 医学研究科 エレベータのブザーは鳴るか―大学生のための統計学入門―

10 - エレベータのブザーは鳴るか―大学生のための統計学入門―

ドキュメントアクション
  • RSSフィード
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
Course Image

エレベータのブザーは鳴るか
―大学生のための統計学入門―

田中 司朗 教授

レクチャー
1回/0.5~1.0h

平成30年度開講の「臨床統計家育成コース」からの公開講義です。
本コースは、大学院医学研究科社会健康医学系専攻に設置された2年制の専門職学位課程です。データサイエンスや統計学に関心のある方を、医学知識の有無を問わず歓迎します。

授業の特色

データサイエンスが注目される中、高校で数学B「確率分布と統計的な推測」を履修していないことが、大学教育の大きな課題となっています。本講義では京都大学医学研究科教授 田中司朗氏が「統計で容疑を晴らす」、「エレベータのブザーは鳴るか」、「地球の大きさを測る」といったストーリーを基に、平均、分散、標準偏差、回帰直線の計算を中心に、記述統計学の基本を解説します。これは、数学I「データの分析」をカバーしており、数学B「確率分布と統計的な推測」の一部を含みます。