現在位置: ホーム ja 経済学研究科 (〜2010年)経済学のための数学

02 - (〜2010年)経済学のための数学

ドキュメントアクション
  • RSSフィード
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
経済学のための数学
Course Image

担当教員

小佐野広 教授、
原千秋 教授

レクチャー
学部3,4回生および大学院生対象.夏学期開講.
週2回 / 1時間半ずつ計3時間

この授業へのご感想をお送りください。

授業の特色

経済学修士課程のコアコース(ミクロ経済学・マクロ経済学・計量経済学) に必要な数学をカバーすることを目的とする.数学の内容のみならず,数学がいかに経済学にされるかをも学びとってほしい。

授業の紹介

本講義の目的は,経済学に必要な数学の基礎を学びとり,経済学への応用に十分となる水準まで理解を深めることにある.特に証明などを精確にたどり,命題を 厳密に検証できることも大事だが,学んだ手法を経済分析に活用できるようになることも同様に重要である.前半部では,原が,非線形最適化問題に必要な,多 変数関数の微分,線形代数,凸解析を講義する.後半部分では,小佐野,動学的最適化問題,確率過程の最適制御問題,リアルオプションを講義する. 講義で触れられる個々のトピックは比較的平易であるが,カバーするトピックが多いため,講義全体としては難しい.また,毎週宿題が課される.試験は2回, 原が担当する前半部終了後と,小佐野が担当する後半部終了後に行われる。

技術的必要条件

オープンコースウェアの講座資料をご覧いただくには、アクロバットリーダーが必要です。アクロバットリーダーは、こちらのAdobe社 Acrobat Reader ダウンロードサイトからダウンロードできます。