コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English

シラバス

[授業計画]

4月16日(月)午後6時30分から、オリエンテーションを行う(場所=フィールド科学教育研究センター第一会議室(北部キャンパス農学部総合館N-283))。オリエンテーションでは、例年宿題を一つ出している。その後、講義を1回、実習を1回行う。

講義は、海産無脊椎動物に関する基礎知識をまとめたもので、5月もしくは6月中にオリエンテーションと同じ場所で行う。

実習は、和歌山県白浜町にある「瀬戸臨海実験所」に宿泊しながら四泊五日(8月中を予定)の日程で行う。肉眼で識別出来る比較的大型のものから、顕微鏡サイズのミクロのものまで、海産無脊椎動物を幅広く採集し、図鑑類を使った同定作業や、光学顕微鏡や走査型電子顕微鏡を使った形態観察を行う。実習中にレポート課題を提示し、実習終了時にレポートの提出を求める。

実習に関する旅費等の諸費用は、受講生負担とする。

[成績評価の方法]

講義と実習、共に参加することを必須とする。講義・実習における取り組みの姿勢と、宿題の出来と、実習レポートの出来により評価する。

[予備知識]

特になし