コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
現在位置: ホーム ja 農学部 造園学実習Ⅱ シラバス

シラバス

[担当者]

森本・今西

[内容]

造園学実習 I で習得した基礎知識や技術を応用し、地域スケールでのランドスケープ・プランニング実践に必要な知識・技術の習得を目的とする。地理情報システム等の利用方法を学ぶとともに、景観および生態系保全計画の事例調査や分析をとおして手法を学びとり、更にそれを応用して想定地域に対する計画策定を試行する。

[授業計画]

1.ランドスケープ・プランニングの実践に必要な知識の習得
・プランニングのプロセス。
・情報処理、地理情報システム(GIS)およびリモートセンシングの基礎。

2.ランドスケープ・プランニングの実践に必要な技術の習得
・GISおよびリモートセンシングソフトの利用方法。

3.ランドスケープ・プランニング事例の調査分析
・国内外の事例についての調査。
・調査結果の分析と各事例におけるプランニング手法の評価。
・分析結果のプレゼンテーション。

4.課題製作
・ランドスケープ・プランニングに関する課題の設定。
・課題を解決するための評価手法のフレームワークづくり。
・GIS等を用いた評価と結果のプランニングへの応用。
・まとめとプレゼンテーション。

[その他]

関連する文献や最近の計画事例などをとりあげる。