コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション
現在位置: ホーム ja 農学部 造園学実習Ⅱ 講義ノート

講義ノート

SES # 概要 講義資料
第1回 ガイダンスの後、GISとリモートセンシング(RS)の概要についての講義があります。実習ではポリゴンの作成とその分析の方法について学習します。 material
第2回 GISデータの基本構成要素、とくに専門用語の定義について講義を行います。実習ではラインとポイントを作成し、その分析を行います。 material
第3回 ポイントデータの補間について解説を行います。実習ではxy座標データからポイントを作成し、いろいろな補間方法を試します。 material
第4回 ジオリファレンスとは何か、座標系、楕円体、投影法について説明を行います。実習では座標系の変換方法などについて学習します。 material
第5回 ベクターとラスターデータの特徴について講義を行います。実習ではラスターデータへの変換の方法や、ラスターデータの分析について学習します。 material
第6回 データソースの場所とダウンロードの方法について説明します。実習では、50m標高メッシュデータを用いて、斜度や斜面の向きなどの計算を行います。 material
第7回 米国GAP分析プロジェクトの紹介を行います。期末課題の説明を行い、準備を始めます。 material
第8回 リモートセンシングの基礎について講義を行います。実習ではRGBカラー合成の方法について学び、さまざまなカラー合成の違いを比較します。 material
第9回 植物のスペクトルの特徴、植生指数など植生のリモートセンシングなどについて説明します。実習ではNDVI等の指数を求めます。 material
第10回 フィルター演算の仕組みと種類について講義した後、実習でさまざまなフィルター演算を実行し、結果を比較します。 material
第11回 コンピューター内部におけるデータの保存形式について説明します。実習ではGISとRSソフト間でデータをやりとりする方法について学習します material
第12回 期末課題の準備を行います。 material
第13回 期末課題の準備を行います。 material
第14回 期末課題の発表を行います。 ---