コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja 農学部 造園学実習Ⅱ html zoen2proj

zoen2proj

造園学実習II  期末課題

作成者 今西純一

 

■期末課題 「生物生息地の保全状況分析方法の考案」

 

1.           実習用データファイルのコピー

              「マイネットワーク」−「ワークグループのコンピューターを表示する」

              Dell2 」−「造園実習2 用データ等」−「data 」−「ex7 」の中のデータを、

              自分のex7 フォルダーにコピーします。

 

              ex7 フォルダーには、elevation フォルダーとregulatedareas フォルダーが入っています。

 

              elevation フォルダーには、50m メッシュ標高データがラスター形式で入っています。

              基本的にex6 で作成したデータと同じですが、分析対象地全域のデータが入っています。

 

              regulatedareas フォルダーには、法律で規制がかかっている区域のデータが入っています。

              ファイルの名前等は省略されていますが、法規制等一覧.pdf を参考にしてください。

              また、法規制の内容も簡単にまとめてあります。

              pdf ファイルの表は、研究室卒業生である嶋林ゆう子さんの修士論文の一部です。)

 

              chozyu フォルダーには、「鳥獣保護及狩猟に関する法律」により規制されている区域がシェープファイルで入っています。

              futi フォルダーには、「京都市風致地区条例」により規制されている区域がシェープファイルで入っています。

              kinki フォルダーには、「近畿圏の保全区域の整備に関する法律」により規制されている区域がシェープファイルで入っています。

              kotohozon フォルダーには、「古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法」により規制されている区域がシェープファイルで入っています。

              parks フォルダーには、「自然公園法」および「京都府立自然公園条例」に定められている「特別地域」がシェープファイルで入っています。

              shizenfukei フォルダーには、「京都市自然風景保全条例」により規制されている区域がシェープファイルで入っています。

              shizenhozen フォルダーには、「自然環境保全法」および「京都府環境を守り育てる条例」により規制されている区域がシェープファイルで入っています。

              takuchi フォルダーには、「宅地造成等規制法」により規制されている区域がシェープファイルで入っています。

              tenenkinen フォルダーには、「文化財保護法」に定められている「天然記念物」の区域がシェープファイルで入っています。

              toshikeikaku フォルダーには、「都市計画法」に定められている「都市計画区域」、「市街化区域」、「市街化調整区域」がシェープファイルで入っています。

              toshiryokuchi フォルダーには、「都市緑地保全法」により規制されている区域がシェープファイルで入っています。

              worldheritage フォルダーには、「世界の文化遺産および自然遺産の保護に関する条約(世界遺産条約)」に登録されている区域がシェープファイルで入っています。

 

■期末課題

              GIS と(これから勉強する)RS ソフトの操作法と、景観生態学等の知識を駆使して、分析対象地内の野生生物生息地(ハビタット)の保全状況を

分析しなさい。授業で紹介したGAP 分析はひとつのヒントであるが、できるだけ自分で新しい方法を考えて試してみなさい。

この課題は第71213 回目の実習時間を使って完成させなさい。

 

■今日の課題「分析方法の決定と報告」

              どのような方法で分析する予定であるのかを、実習時間中に決めて報告しなさい。

実習時間中にほとんどの分析を終わらせてしまうこと。

発表は工夫次第でわかりやすく、説得力のあるものになります。発表材料の準備に時間をかけるようにしてください。

遠くから見てもわかるように、色使いや文字の大きさに注意しましょう。

 

■発表の仕方

              発表は、最後の授業でプロジェクターを使って行います。

各自の分析の目的、方法、結果と考察を、10 分程度(スライドに810 枚程度)にまとめて発表してください。