コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
現在位置: ホーム ja 農学部 生物生産機械学(飯田 訓久) シラバス

シラバス

[授業計画]

以下のような課題について、1課題あた1~2週の授業をする予定である。

1.エネルギと動力(1):内燃機関の歴史,種類と汎用機関の代表的機構について,稲作作業体系との関連で講義する.
2.エネルギと動力(2):エンジンの性能試験について概説する.また農用電動機の種類について,特徴と稲作作業体系での使用との関連について講義する.さらに自然エネルギの利用の観点から将来の可能性も説明する.
3.農用トラクタ(1):農用トラクタの歴史,形態(種類)について,稲作畑作を含む作業体系との関連で講義する.また搭載内燃機関との関係も説明を加える.
4.農用トラクタ(2):現在の農用トラクタに必要な機構について,車体各部構造,走行装置とともに作業と関連する代表的な制御機構をも含めて講義する.
5.農用トラクタ(3):農用トラクタのけん引性能を中心に,性能試験の方法,けん引力と走行装置との関係を講義する.
6.耕うん・整地機械:ロータリ、プラウ、ハローといった圃場を耕うん・整地する機械の種類や仕組みについて説明する。
7.播種・移植機械:種子を播いたり、幼苗を圃場に定植するために用いる機械の仕組みや制御について説明する。
8.施肥・防除などの管理機械:粉・粒・液などの肥料や農薬を圃場に均一あるい可変量に散布する機械の仕組みや制御について説明する。
9.収穫機械:穀物を収穫するコンバインの構造,種類,および制御について説明する。
10.畜産用圃場機械:牧草や飼料を収穫・調整するモア、テッダ、レーキ、ベーラ、ラッパ、フォーレージハーベスタなどの機械の種類や仕組みについて説明する。
11.自動化・ロボット化(1):農業機械の自動化・ロボット化の必要性と自動システムおよびロボットシステムの構成について説明する。
12.自動化・ロボット化(2):人間腕型ロボットの構成要素であるマニピュレータ,エンドエフェクタ,マシンビジョン等について説明を加える。
13.農産施設および選別機械:カントリーエレベータ,選果機械などについて,非破壊検査技術を交えて説明する。
14.情報化とトレーサビリティ:精密農業,精密畜産,精密養魚等に関わる共通要素と安心・安全のためのトレーサビリティシステムについて

[授業スケジュール]

第1回 エネルギと動力(1):
第2回 エネルギと動力(2):
第3回 農用トラクタ(1):
第4回 農用トラクタ(2):
第5回 農用トラクタ(3):
第6回 耕うん・整地機械:
第7回 播種・移植機械:
第8回 施肥・防除などの管理機械:
第9回 収穫機械:
第10回 畜産用圃場機械:
第11回 自動化・ロボット化(1):
第12回 自動化・ロボット化(2):
第13回 農産施設および選別機械(1):
第14回 農産施設および選別機械(2):
第15回 情報化とトレーサビリティ:
第16回 期末試験

[授業体制]

第1回から第5回までの講義:担当 中嶋 洋
第6回から第10回までの講義:担当 飯田 訓久
第11回から第15回までの講義:担当 近藤 直

[成績評価の方法]

レポート,期末試験等により評価する。

[予備知識]

「物理学基礎論A,B」を履修していることが望ましい。