コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
現在位置: ホーム ja 農学部 農業機械学実験Ⅱ(中嶋 洋) シラバス

シラバス

[授業計画]

以下のような課題を予定している.なお受講者数等により予定内容と実施時期を変更することがある.
まずガイダンスにて実験の説明,実験内容の紹介,レポートの書き方についての指導,安全上の諸注意を行い,実験についての概要を把握する.
その後に各実験テーマごとに1週あるいは2週かけて実験を行う.

・光合成に関する基礎的実験 (1回)(担当:農業システム工学分野)
・レーザー距離計による非接触計測 (1回)(担当:農業システム工学分野)
・DSPによるフィルタリング実験 (2回)(担当:農業システム工学分野)
・記録計とフィルタの動特性 (1回)(担当:フィールドロボティクス分野)
・パソコンによるデータ処理 (1回)(担当:フィールドロボティクス分野)
・AVRマイコンを用いたハード制御 (2回)(担当:フィールドロボティクス分野)
・ヘルムホルツによる青果物の体積計測 (1回)(担当:農産加工学分野)
・乾燥プロセス (1回)(担当:農産加工学分野)
・脱ぷプロセス (1回)(担当:農産加工学分野)
・精米プロセス (1回)(担当:農産加工学分野)

[授業スケジュール]

第1回 ガイダンス
第2回 乾燥プロセス
第3回 脱ぷプロセス
第4回 精米プロセス
第5回 DSPによるフィルタリング実験(1)
第6回 DSPによるフィルタリング実験(2)
第7回 記録計とフィルタの動特性
第8回 パソコンによるデータ処理
第9回 レポート指導
第10回 光合成に関する基礎的実験
第11回 AVRマイコンを用いたハード制御(1)
第12回 AVRマイコンを用いたハード制御(2)
第13回 野菜・果実選別用マシンビジョン
第14回 レーザー距離計による非接触計測
第15回 レポート指導

[各回の授業体制]

各回で指定された実験場所に集合し,実験についての説明および安全上の諸注意についての説明をうける.教員の指導のもと,全員,班別,あるいは各個人で実験資料と説明に基づく実験を行う.収集したデータは持ち帰り,データ整理,解析を行った後に各自で考察を行い,レポートとしてまとめ,提出する.

[課題]

実習・実験の各回に指示される内容(配布資料に記載)にしたがって,期限内にレポートを提出する.

[評価方法]

試験は行わず,出席かつレポートを提出したものについて,レポートの内容で評価.
なお提出期限に遅れたレポートは採点時に不利になることがある.

[参考文献]

実習・実験の各回に配布される資料中に記載されている.