コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
現在位置: ホーム ja 農学部 有機化学実験(森 直樹) 講義ノート

講義ノート

SES # 概要 資料
第1回 ガラス細工:ガラス管、ガラス棒を用いて、目皿抑え棒、キャピラリーを自作する。 PDF(1.2MB)
第2回 植物生長調節活性を持つ2,4-Dの合成(1):試験管内で試薬を反応させ、結晶を目皿で濾過後、デシケータで乾燥まで。
第3回 植物生長調節活性を持つ2,4-Dの合成(2)、殺虫剤tebufenozideの合成(1):① 2,4-Dをトルエンで融解し、再結晶する。② 酸クロリドとアミンを反応させ、分配・抽出する。その後、濃縮し、再結晶まで。
第4回 植物生長調節活性を持つ2,4-Dの合成(3)、殺虫剤tebufenozideの合成(2):① 2,4-Dを濾過し、デシケータで乾燥する。② Tebufenozideの結晶をデシケータで乾燥する。
第5回 甘味剤サッカリンの合成(1)、2,4-Dを用いたレタス試験、Tebufenozideを用いた殺虫試験:① Toluenesulfonamideのメチル基を過マンガン酸カリウムで酸化する。② レタス種子を2,4-Dで処理し、レタスの成長を記録する。③ 重要害虫のハスモンヨトウをtebufenozideで処理し、殺虫活性を評価する。
第6回 甘味剤サッカリンの合成(2)、2,4-D、Tebfenozideの生理活性評価:① 酸性条件下、サッカリンへ変換する。② レタス、ハスモンヨトウの観察(以下、毎日観察・記録する)
第7回 天然抗菌物質ピシフェリン酸の単離・精製(1):サワラ抽出液を濃縮・分液し、トルエン可溶酸性部を得る。
第8回 天然抗菌物質ピシフェリン酸の単離・精製(2):シリカゲルカラムクロマトグラフィーを用い、ピシフェリン酸を精製する。
第9回 天然抗菌物質ピシフェリン酸の単離・精製(3):ピシフェリン酸を結晶化により精製する。
第10回 Diels-Alder反応を利用した2,3-ジメチルアントラキノンの合成(1):1,4-Naphthoquinoneと2,3-dimethyl-1,3-dieneを加熱し、テトラヒドロ体を合成する。
第11回 Diels-Alder反応を利用した2,3-ジメチルアントラキノンの合成(2):テトラヒドロ体をアルカリ性条件下で空気酸化し、2,3-dimethylanthraquinoneに変換し、結晶化により精製する。
第12回 天然抗菌物質ピシフェリン酸の単離・精製(2):シリカゲルカラムクロマトグラフィーを用い、ピシフェリン酸を精製する。
第13回 ±)-1-フェニルエチルアミンの光学分割(2):メタノールに対する溶解性の違いを利用し、ジアステレオメリックな塩を分離する。これを強塩基で処理し、弱塩基のアミンを遊離する。
第14回 Wittig反応を利用した(E)-、(Z)-スチルベンの合成(1):ベンジルトリフェニルホスホニウムブロマイド・ナトリウムアミド混合物とベンズアルデヒドから(E)-および(Z)-スチルベンを合成する。
第15回 Wittig反応を利用した(E)-、(Z)-スチルベンの合成(2):シリカゲルカラムクロマトグラフィーを用い、(E)-、(Z)-体を分離する。
第16回 機器分析(1):合成した化合物のUV、MSスペクトルの測定。
第17回 Wittig反応を利用した(E)-、(Z)-スチルベンの合成(2):シリカゲルカラムクロマトグラフィーを用い、(E)-、(Z)-体を分離する。
第18回 抗菌試験(1):精製したピシフェリン酸や身近な抗菌物質を用い、抗菌性試験を実施する。
第19回 抗菌試験(2):抗菌試験の結果を判定する。