コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English

講義ノート

SES # 概要 資料
第1回 水域環境には極めて多様かつ多量の細菌・ウイルス群集が存在することを知り、目に見えない生物を研究するための最新の分子生物学的手法を学ぶ。 資料
PDF(1.3MB)
操作テキスト
PDF(254KB)
第2回 フィルターを用いたろ過および超遠心を用いて環境の細菌・ウイルス粒子を濃縮し、DNA染色試薬で染色したのち、蛍光顕微鏡を用いて観察・定量する。
第3回 濃縮した細菌・ウイルス画分からDNAを抽出し、リアルタイムPCR法を用いた細菌・ウイルスの定量法を習得する。