コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English

シラバス

[授業計画]

1日目 バスで移動、ミーティング
2日目 湾内海洋観測(野外)舞鶴湾内の多点において水温・塩分・光強度・流速などの基礎的な海洋調査を行う。
3日目 クロロフィル分析と観測結果資料解析(室内)観測で得られた海水サンプル中のクロロフィル濃度を測る。また、得られたデータにもとづいてデータ解析の基礎を学び、淡水の流入する内湾の特性を理解する。
4日目 砕波帯における仔稚魚調査(野外)河口周辺の砕波帯で小型けた網等により仔稚魚を採集し、仔稚魚相や各種の形態と環境との関連を考察する。また主要種については、標識放流法により生息密度等を推定する。
5日目 魚類分類学および解剖学実習(室内)刺し網等で採集した魚類成魚を用い、外部形態による同定の後解剖して諸器官の観察を行う。さらに、外部および内部形態を種間で比較し生態との関連を考察する。
6日目 磯調査(野外)岩礁海岸で潜水により海藻や磯の動物を採集する。
7日目 磯調査試料同定・計数(室内)磯調査で得られたサンプルの観察、同定を行う。

[成績評価の方法]

出席を前提とし、実習時の受講態度とレポート提出などを勘案して、総合的に成績評価を行う。

[予備知識]

夏期休暇の直前に参加者の登録及びガイダンスを行うが、これには必ず出席すること。