コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション
現在位置: ホーム ja 農学部 熱帯農業生態学(縄田 栄治) シラバス

シラバス

[授業計画と内容]

第1~2週:熱帯の気候と自然植生
日射、気温、降水量、正味放射、蒸発散の地理的分布と年変化の特徴、降水の支配要因、気候区分について説明すると共に、熱帯自然植生の分布と特徴、森林の気候への影響等を概説する。

第3週:熱帯の土壌
土壌の成因、粘土鉱物の形成過程と特性、熱帯の土壌の種類・特徴および分布、作物生育への影響について解説する。

第4~5週:農業形態と作付体系 焼畑農業、集約農業(畑作、稲作、アグロフォレストリー)、プランテーション農業、乾燥地帯の農業について、その特徴と栽培形態および耕地生態系の特徴を説明する。

第6~10週:熱帯作物の特性
熱帯地域の主要な畑作物・園芸作物・特用作物について、生理生態的特性・起源・現在の分布・利用について概説する。

第11~14週:東南アジアの土地利用と営農システム-農業生産の生態基盤
東南アジア大陸部を中心に、現在の土地利用・営農システムの成立要因および変遷過程を、自然環境の影響を中心に概説する。

第15週:熱帯における生物資源の利用
東南アジアを中心に、熱帯地域の伝統的生物資源利用及びその変容について解説する。

[成績評価]

土壌学、生態学を履修しておくことが望ましい。