コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
現在位置: ホーム ja 農学部 農業機械学専門外書講義 シラバス

シラバス

[授業計画と内容]

”Agricultural Robots” edited by Naoshi Kondo et al., Kyoto University Press の1章~4章の項目のうち,自分で選択した項目について,発表用パワーポイントを作成する。それにより,農学,工学等の専門用語を修得する。
そのパワーポイントに基づいて英語での発表を行うと共に,議論に加わる。
さらに,Extended Abstractを作成することにより,英語の論文の書き方を学ぶ。

授業計画は以下の通りである。

1.ガイダンス:1章から4章に記載されている種々のロボットの中から自分の担当を決定する。ネイティブの教員による英語の口頭発表方法の講義(2回~3回)
2.担当箇所の文献調査,ならびにPPTの作成(2回~3回)
3.順に,英語での発表(5分間)と議論(10分間)を行う(7回~8回)
4.ネイティブ教員による英語での論文の書き方の講義(1回)
5.アブストラクトの作成と校正(2回)

[履修要件]

できるだけ,種々の専門の講義を履修しておき,日本語の専門用語を習得しておくことが望ましい。

[成績評価の方法・基準]

担当箇所の発表(30点),議論(20点),質問(10点),アブストラクトのレポート(40点)により評価する。