コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション
現在位置: ホーム ja 工学部 構造力学2及演習 シラバス

シラバス

[配当学年]

学部3年前期

[分担担当者]

田村 武

[内容]

構造力学1及演習で学習したことを踏まえて、構造力学の理論的中心の1つとなる仮想仕事の原理について説明する。ここでは力学的な考察と数学的な推論を明確に分離し、仮想仕事の原理のもつ数学的意味と力学的な効用について簡単な例題を用いながら考察する。 なお、この講義は5名の教員がクラス別に講義しているが、田村担当のクラスに対する授業を紹介する。

[授業計画]

このコースでは、実際の講義の前半部であるトラス構造に限って説明している(後半部のはり構造については準備中)。その理由は、トラス構造を理解するための数学的準備が簡単であり、かつまた、見通しのよい説明ができるからである。しかも、トラス構造の理論とはり構造の理論の数学的仕組みはきわめて類似しており、トラス構造を学習するだけでも、かなりの広範囲の力学の基礎を知ることになる。なお、第1回目では特に、力学をまったく用いずに仮想仕事の原理の核心部分を説明する。

[予備知識]

構造力学の基礎、線形代数学

[その他]

当該年度の授業回数などに応じて一部省略、追加がありうる。