現在位置: ホーム ja 工学部 画像処理論

05 - 画像処理論

ドキュメントアクション
  • RSSフィード
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
Course Image

担当教員

美濃 導彦 教授

レクチャー
週1回 / 1.5h

このコースのご感想をお送りください。

授業の特色

計算機を用いた画像処理は、ディジタルカメラの普及、WEB利用の拡大につれてますますその重要性を増してきている。また、計算機で画像処理を行うフォトショップなどのソフトウエアもよく利用されている。

この授業では、計算機による画像処理の基本的な事項について考察し、その原理を理解することを目指す。市販の画像処理ソフトウエアで実現されている機能がどう作られているのかを理解することにより、それらの機能でうまく処理できないときにどう改良してゆけばいいのかという知見が得られるように、応用の利く基礎知識を身につけるように進めてゆきたい。

授業の紹介

計算機を用いた画像処理の原理、手法について概説する。とくに、画像の入出力、画像に対する信号処理、画像計測についてその原理と手法を講述するとともに、計算機の基本的な入出力メディアとしての画像の果たす役割について考察する。

技術的必要条件

オープンコースウェアの講座資料をご覧いただくには、アクロバットリーダーが必要です。アクロバットリーダーは、こちらのAdobe社 Acrobat Reader ダウンロードサイトからダウンロードできます。