コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション
現在位置: ホーム ja 工学部 コンパイラ 講義ノート

講義ノート

SES # 概要 スライド
第1回 コンパイラの概要を説明し,その構成要素を概説する. PDF(0.3MB)
第2回 正規表現とオートマトンの導入とそれらの相互関係について述べる. PDF(0.5MB)
第3回 正規表現で表された字句構造をオートマトンに変換し,字句解析プログラムを生成する方法を解説する.
第4回 字句解析プログラムの自動生成および字句解析に関するその他の話題を紹介する.
第5回 構文,制約,意味について解説し,構文木,解析木などの基本概念を導入する. PDF(0.4MB)
第6回 言語のあいまい性,演算子の優先順位,文脈自由文法とその限界について講義する.
第7回 もっとも基本的な構文解析法である再帰的下向き構文解析法を紹介する. PDF(0.8MB)
第8回 再帰的下向き構文解析法の問題点を挙げ,それらを解決するために開発されたLL構文解析を紹介する.
第9回 下向き構文解析法に分類されるLR構文解析について講義する.
第10回 構文解析のその他のトピックとして,構文解析プログラムの自動生成,あいまいな文法への対処,エラーリカバリについて述べる.
第11回 意味解析の概要を紹介する. PDF(0.3MB)
第12回 コード生成のベースとなる実行環境のモデルを導入し,関数呼び出しや様々な文(statement)のコード生成法を示す. PDF(0.5MB)
第13回 算術式や論理式などのコード生成を示し,レジスタを有効利用する技術を紹介する.