コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション
現在位置: ホーム ja 工学部 物性・デバイス基礎論 2011年度 前期 シラバス

シラバス

[授業計画と内容]

項目 内容説明
量子力学の基礎 電子が波動性を持ち,その挙動がシュレディンガー方程式で 記述されることを述べ,各種のポテンシャルに対する解を求めて,量子力学の基礎を紹介する.原子内電子のエネルギーが離散的値をとることを論じ,化学結合についても触れる.
統計力学の基礎 統計力学の基礎となる分布関数について説明した後,ボルツマン統計,ボーズ・アインシュタイン統計,フェルミ・ディラック統計を紹介する.各統計に従う粒子の特徴と分布関数の形を論じる.統計力学を現実の物理現象の解釈に適用した例についても述べる.
固体物理の基礎 原子結合や結晶構造について説明し,結晶における面や方位の定義を紹介する.結晶における格子振動を論じ,格子振動が固体物性に与える影響を説明する.固体結晶の簡単な評価方法についても紹介する.
固体内電子の挙動 固体内における電子の挙動を,電界の影響を含めて論じる.固体表面からの各種の電子放出機構を述べ,電子の数や速度分布が電流にどのように影響するかを述べる.次に,シュレディンガー方程式に周期的なポテンシャルを与えると,固体内電子のエネルギー状態がバンド構造となることを説明する.これを基に,固体内電子の有効質量の概念を紹介し,電気伝導現象が導電性,絶縁性に区別できることを論じる.

[成績評価]

100点満点の定期試験により評価し,60点を合格とする.予習,復習のためにレポートを数回出題する.(提出しなくても減点しないが,レポートに取り組んだことを前提とした講義,試験を行う.)