コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション
現在位置: ホーム ja 医学部 病理学各論 シラバス

シラバス

[担当者]

高桑徹也

[配当学年]

3回生前期

[授業計画]

病理学は疾病の病因・病態を解明する学問体系である。病理学各論では、まず諸臓器においてその機能的、解剖学的特徴を整理したうえで、諸臓器に特徴的な病気について、その病態の理解を深める。また、現代病理学は、病気の最終診断という重要な役割を担っている。諸臓器においてその特徴をふまえ、診断の根拠となる形態学的変化を学ぶ。適宜、顕微鏡実習、インターネットを用いた演習を行う。

第1回 各論を学ぶにあたって
第2回 心臓
第3回 血管系
第4回 リンパ組織
第5回 呼吸器系
第6回 腎、尿路系
第7回 消化管
第8回 肝臓、胆道系、膵臓
第9回 男性生殖器系
第10回 女性生殖器系
第11回 内分泌系
第12回 脳神経系
第13回 筋肉、骨格系
第14回 皮膚
第15回 乳腺