コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション
現在位置: ホーム ja 医学部 病理組織・細胞検査学実習 シラバス

シラバス

[担当者]

高桑 徹也、戸田 好信、山本 康子

[配当学年]

4回生前期

[授業計画]

細胞組織検査学実習では、病院での病理検査や生命科学研究を進める際に必要な細胞組織学的解析法の実際を小動物を用いて学ぶ。つまり、臓器の摘出、切り出し、固定、薄切、染色法( HE.染色、特殊染色、免疫染色、ギムザ染色、パパニコロウ染色など)の実際を行う。また、小動物の扱い方にも習熟する。作製した標本を用い、諸臓器の組織形態を光学顕微鏡を用い観察する。また、得られた組織標本をもとに学生発表を行い、知識を深める。積極的に参加することを望む。

第1回 マウスの解剖 → 組織切出し
第2回 包埋、薄切、標本作製(1)
第3回 包埋、薄切、標本作製(2)
第4回 HE染色、マッソントリクローム染色 → 鏡検、写真撮影
第5回 免疫組織化学染色→ 1次抗体
第6回 免疫組織化学染色(2次抗体)→ 発色 → 鏡検、写真撮影
第7回 パパニコロウ染色・ギムザ染色 → 鏡検・写真撮影
第8回 学生の成果発表、討論

[履修要件]

特になし