コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション

シラバス

[担当者]

山本、瀬戸

[対象学生]

4回生と大学院修士課程、前期

[講義の概要]

高分子、液晶、コロイド、両親媒性分子系などの「ソフトマタ ー」と呼ばれる物質系を、物性物理学的な立場からどのように理解するかについて概説する。

1.イントロダクション
 物性物理学の対象としてのソフトマター、化学・生物との境界領域として、ミクロからマクロへの階層構造、統計力学的・現象論的アプローチ、実験的手法など

2.粘性、弾性、粘弾性
 粘弾性とは何か、物質の物理的応答など

3.ガラス転移
 液体とガラスの違い、ガラス転移の特徴、ガラスの理論、ガラスの構造など

4.相転移の現象論
 秩序変数、相分離、相境界と界面張力、相分離の運動学、ランダウ理論と臨界現象など

5.高分子
 理想鎖、ガウス鎖、排除体積鎖、溶媒の効果など

6.コロイドと両親媒性分子
 混合物と界面、界面張力・揺らぎ・ウェッティング、流体膜、構造とダイナミクスを調べる方法など

7.液晶
 種類と特徴、配向秩序など

[関連ある講義]

熱・統計力学、物性物理学、非線型科学

[望ましい基礎知識、講義]

熱・統計力学、物性物理学1