Skip to content. | Skip to navigation

  • 日本語
  • English
 
You are here: Home en Syllabuses (2020) Graduate School of Government 基本科目 経済政策

経済政策

JA | EN

Numbering Code
  • P-GOV00 51170 LJ43
Term 2020/Second semester
Number of Credits 2 credits
Course Type Lecture
Target Year Recommended to 1st year students
Target Student Graduate
Language Japanese
Day/Period Fri.1
Instructor(s)
  • School of Government, Professor OKA TOSHIHIRO
Outline and Purpose of the Course 公共政策論Bで示した、市場への公的介入の根拠のうち、市場の不安定性に焦点を当てて、マクロ経済政策を論じる。理論体系の違いが政策の違いを生み出すことを示す。
Course Goals マクロ経済政策をめぐる論争がどのような理論体系の違いによって生じるかを理解すること。
Schedule and Contents 1. 古典派の理論と政策
2. 一般均衡理論
3. ケインズの理論
4. ケインズ理論の普及
5. ケインズ理論の動学化---成長理論
6. ポスト・ケインズ派の理論と政策
7. マネタリズムと新しい古典派
8. マクロ経済学のミクロ化
9. 日本経済---90年代不況から現在まで
10. リフレ派と量的緩和
11. 構造改革派と生産性
12. ケインジアンの議論
13. ポスト・ケインズ派の処方箋
14. 日本経済の将来
15. フィードバック
Grading Policy 試験と、授業中の状況によって評価する。
Prerequisites None
Preparation and Review 次回分の配布資料を読んでおくこと。
Textbook
  • 資料を配布する。