Skip to content. | Skip to navigation

  • 日本語
  • English
 

情報学展望2

JA | EN

Numbering Code
  • G-INF00 58039 LJ13
Term 2020/First semester
Number of Credits 2 credits
Course Type Lecture
Target Student Graduate
Language Japanese
Day/Period Mon.5
Instructor(s)
  • Graduate School of Informatics, Professor KAWAHARA TATSUYA
Outline and Purpose of the Course 本講義では、専攻を横断し、かつ情報学のフロンティアと位置付けられる複数のテーマについて展望する。まず、AI、ICT、数理・データ科学の各分野について概観した後に、生命・脳、ロボットのテーマについて、本研究科の教授及び外部講師により、情報学的な視点から最先端の話題の紹介を行う。
Course Goals 情報学を俯瞰し、特に、生命・脳、ロボットに関する理解を深めるとともに、今後の展望を自ら考える。
Schedule and Contents テーマ1: 情報学の俯瞰(AI、ICT、数理・データ科学)
4/13 河原達也教授: 人工知能・音声対話技術の展望
4/20 原田博司教授: 情報通信技術の展望
4/27 山下信雄教授: 数理最適化の展望

テーマ2: 脳情報のデコーディング
5/11 神谷之康教授: ブレイン・デコーディング
5/18 熊田孝恒教授: 心理情報のデコーディング
5/25 西田眞也教授: 感覚情報のデコーディング
6/01 青柳富誌生教授:力学系的視点からの相互作用ネットワークの推定
6/08 石井信教授: 神経系のデコーディングと予測

テーマ3: ロボットとのインタラクション
6/15 尾形哲也 (早稲田大教授) 深層学習によるロボットの運動-言語の学習とインタラクション
6/22 神田崇行教授 街角におけるロボットとのインタラクション
6/29 谷口忠大 (立命館大教授) インタラクションを通したロボットの言語獲得
7/06 森本淳 (理研/ATR) 運動アシストにおけるロボットとのインタラクション
7/13 吉川雄一郎(大阪大准教授)ロボットを含めた複数人のインタラクション

7/20 企業関係者(未定)
Grading Policy 各テーマ毎に課すレポート課題
Prerequisites None
Preparation and Review 各講義の復習を行い、レポート課題に取り組む