Skip to content. | Skip to navigation

  • 日本語
  • English
 
You are here: Home en Syllabuses (2020) Graduate School of Letters Taught in Japanese 9630001Tibetan

9630001Tibetan

JA | EN

Numbering Code
  • G-LET49 89630 LJ48
Term 2020/First semester
Number of Credits 2 credits
Course Type lecture
Target Student Graduate
Language Japanese
Day/Period Wed.1
Instructor(s)
  • Graduate School of Letters, Professor MIYAZAKI IZUMI
Outline and Purpose of the Course この授業は、チベット語初級を学んだ学生がチベット語文献を読解しながら、チベット語文法に対する理解をさらに深め、チベット語文献の読解能力を高めることを目的とする。本年度は仏教文献を取り上げるが、仏教文献の中で使われるチベット語も多様であるため、なるべく多くの分野の仏教文献を取り上げることで、広い分野の仏教文献に対処できる基礎的な能力を身につけることを目指す。
Course Goals チベット語文法に対する理解を深め、多様なチベット語文献を読解する能力を習得することを目的とする。
Schedule and Contents この授業では、時代によるチベット語自体の違いや、翻訳文献の中でも経典や注釈といったスタイルの違いも網羅するために、以下のような文献を順に取り上げる予定である。

1. 古チベット語を含むチベット撰述仏教文献
2. サンスクリット経典からの翻訳文献
3. サンスクリット注釈からの翻訳文献

それぞれの文献の読解にあたり、そこに現れるチベット語の特徴を解説し、読解に必要な内容の説明を行う。その後各文献を四から五週程度かけて輪読する。

第1回 イントロダクション
第2回~第14回 チベット語テキストの輪読
第15回 フィードバック
Grading Policy 平常点。授業中の発表により評価する。
Prerequisites チベット語初級文法を終えていること。読解に必要な仏教の知識は授業の中で説明するので、仏教に関する知識は前提としない。 後期のチベット語(中級)をあわせて受講することが望ましい。
Preparation and Review それぞれのチベット語文献の性格に注意しながら予習し、問題点を整理しておくことが求められる。
Textbook
  • 授業中にプリントを配布する。