Skip to content. | Skip to navigation

  • 日本語
  • English
 
You are here: Home en Syllabuses (2020) Graduate School of Letters Taught in Japanese 8931003Media and Culture Studies(Special Lectures)

8931003Media and Culture Studies(Special Lectures)

JA | EN

Numbering Code
  • G-LET37 68931 LJ36
Term 2020/Second semester
Number of Credits 2 credits
Course Type special lecture
Target Student Graduate
Language Japanese
Day/Period Wed.3
Instructor(s)
  • Institute for Research in Humanities, Associate Professor FUJIHARA TATSUSHI
Outline and Purpose of the Course とりわけ20世紀以降、食と農はどのように変化を遂げてきたのか? ドイツと日本を中心に、食べものをめぐる制度や文化や技術の変遷を追う。この講義の目的は、現代史の知識を蓄えることではない。あるいは、現代史の概略をつかむことでもない。現代史を批判的に眺める目を獲得し、食と農の未来を構築するためのヒントを考えることである。
Course Goals 現代史における食と農の変遷について理解し、現代社会の食と農の問題を広いパースペクティヴでとらえることができるようになる。
Schedule and Contents 以下の課題について、1週から3週かけて講義する予定である(全15回)
1 食糧戦争としての第一次世界大戦
2 有機農業の歴史
3 毒ガスと農薬の歴史
4 トラクターの歴史
5 戦時期の農村女性たち
6 食糧戦争としての第二次世界大戦
7 フィードバック
Grading Policy 講義の終わり頃に筆記試験を課す予定
Prerequisites 前期の授業を受講しているものとして授業を進める。
Preparation and Review 食と農に関する新聞・雑誌記事を読んで、現代社会の食と農への関心を深めておくこと。
Reference(s)
  • 以下の本に目を通しておくと、講義の理解が深まる。 池上甲一・原山浩介編 『食と農のいま』 藤原辰史 『稲の大東亜共栄圏』 藤原辰史 『ナチスのキッチン』 藤原辰史 『カブラの冬』 ポール・ロバーツ 『食の終焉』 藤原辰史『給食の歴史』
Related URL(s)
  • http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/~fujihara/