Skip to content. | Skip to navigation

  • 日本語
  • English
 
You are here: Home en Syllabuses (2020) Faculty of Science 共通又は専門基礎科目 Science and Community Outreach II 理学と社会交流II

Science and Community Outreach II 理学と社会交流II

JA | EN

Numbering Code
  • U-SCI00 33001 LJ20
Term 2020/Second semester
Number of Credits 2 credits
Course Type Seminar
Target Year 3rd year students or above
Target Student Undergraduate
Language Japanese
Day/Period Thu.5
Instructor(s)
  • Graduate School of Science, Senior Lecturer TSUNEMI TOSHINAO
  • IMADA AKIRAPart-time Lecturer IMADA AKIRA
Outline and Purpose of the Course 理学と社会との交流のあり方について学ぶ。近年、科学コミュニケーションやアウトリーチをはじめ、科学者の社会的責任についての議論が盛んに行われている。これらの歴史や現在の科学技術にまつわる政策を講義、議論する。また、サイエンス連携探索センター(SACRA)で行われている社会交流事業を発展させるための企画、立案を行う。プレゼンテーションの技術を向上させるための手法について講義、実習する。
Course Goals 社会交流活動の実施手法についての理解を深める。
社会交流活動の現状について理解する。
プレゼンテーションの重要性を理解し、その技術を向上させる。
Schedule and Contents SACRAで行われている社会交流事業を説明しつつ、これに関連した課題を与え、受講生は講義内で議論やプレゼンを行う。
上記に関連して、受講生は科学実験ブースの企画、制作や動画作成などを行う。

京都市内で活躍している様々な分野の職人の招聘を予定している。職人の技術を間近で見学して表現技法を学び、自ら手を動かして様々な作品の制作を行い、これを制作能力の向上等に役立てる。前年度は畳職人と截金師を招聘した。

以上のように、受講生が能動的に合計15回の講義(フィードバック期間を含む)に望む。
Prerequisites 3回生以上配当であるが専門基礎科目であることに注意すること。
以下のいずれかの条件を満たす学生は2回生以下でも受講を認める。
1.理学と社会交流Iの単位を取得している学生
2.SACRAの社会交流事業への参加経験のある学生
3.社会交流事業への熱意、関心がある学生
Preparation and Review 講義時間中に理学を伝えるための教材(物品、記事、ポスター、動画)づくりの課題を与える。
Reference(s)
  • Communication and Engagement with Science and Technology: Issues and Dilemmas, John K. Gilbert (編集), Susan M. Stocklmayer (編集), (Routledge ), ISBN: ISBN: 978-0415896269
  • 現代の事例から学ぶサイエンスコミュニケーション, ジョン・K・ギルバート (著, 編集), スーザン・ストックルマイヤー (著, 編集), 小川 義和 (監修, 翻訳), 加納 圭 (監修, 翻訳), 常見 俊直 (監修, 翻訳), (慶應義塾大学出版会), ISBN: ISBN:4766422031
Courses Delivered by Instructors with Practical Work Experience
  • Category:

    A course with practical content delivered by instructors with practical work experience

  • Details of Instructors’ Practical Work Experience Related to the Course:

    京都で活躍する職人による講義および実習を行う。

  • Details of Practical Classes Delivered Based on Instructors’ Practical Work Experience:

    作品を実際に制作することで、職人の技を身につける。