Skip to content. | Skip to navigation

  • 日本語
  • English
 
You are here: Home en General Education Art, Culture and Technology 2012 tatsuki nakajima

tatsuki nakajima

EEEE
EEEE
EEEE

Recently, temples and shrines in Kyoto have been gone down sightseeing places. These are religious sanctuaries. When I visited Istanbul with my friends at the last year, there are a lot of people praying in the mosques. We had to be quiet and thoughtful of them. We must realize the fact again. Therefore, I would like to insist that human beings should be afraid of and respect for God by these artworks. The sculpture is a servant of God and he presides overharvest. And the fire is ignited at the Yoshida Setsubun Festival for thanking for God. The sculpture and the shrine are located in the same mountain, and surprisingly I live there! Thus, I combined them.

近年、京都の寺社は単なる観光地に成り下がってしまっている。寺社はあくまで宗教施設なのだ。去年、私は友人と共にイスタンブールにいった。イスタンブールのモスクには、沢山の信者の方々が礼拝をしていて、私達は彼らに配慮して、静かにしなければならなかった。しかし、京都の寺社を巡ればわかるだろう。人々は大きな声で会話しながら、写真をとり、配慮のかけらもない。日本人はその事実を再認識する必要がある。我々はそれらが宗教施設であることを思い出し、敬意を表さなければならない。この彫刻は、むろん稲荷で収穫を司る。背景の炎は吉田神社の節分、火炉祭の写真である。実は、この稲荷も吉田山のものである。そして、私自身も吉田山に下宿している! これが、これらの題材をつかい、作品をつくった理由だ。
Reuse Course
Download this course